半田市の求人事情

看護師が半田で転職するなら知っておきたい求人事情

半田市の求人事情

半田市の駅前
このサイトは、半田市の看護師の方が転職するときに知っておきたい「半田の求人事情」を特集しています。

半田市は、大小200件近い病院があります。
ただ大きな総合病院は半田市立半田病院、つるぎ町立半田病院、半田中央病院など、数は多くありません。
その分、地域に根付いたクリニックや診療所が多くあり、看護師の求人もそれら小さな病院がほとんどです。
行政の医療に対する方針も市民それぞれがかかりつけ医を持ち、生活と医療を結び付ける政策を行っています。

ただ全国的な看護師不足は半田市も例外ではなく、診療を制限したり、中止する病院も多くなってきました。
また地域医療の要である、夜間休日診療所や救命救急センターに軽度なケガで受診するいわゆる「コンビニ受診」も増えつつあります。
このように看護師の職場環境は、悪くなる一方であるにもかかわらず、その待遇が良くなる傾向はありません。

半田市で看護師が転職をするには、このような現状を理解し、自分のライフスタイルに合った病院を選ぶことが大切です。

このサイトでは半田市の看護師求人事情をお届けするとともに、実際に求人に応募した看護師の方を取材して記事にしています。

半田市内の病院に勤めていた26歳女性

わたしは名古屋の看護学校に通ってい、卒業前の8月に就職を決めました。
就職先は半田市の中心部にある病院です。

半田市での就職活動

就職までにまず、大学3年生の終わりの春休みを利用して合同説明会に参加して情報を集めました。
名古屋の吹上ホールで毎年行われている合同説明会です。
また、大学の先輩などに病院の評判を聞いたりしました。
4年生の夏にかけて、情報収集していいなと思った2病院のインターンシップに参加して、雰囲気や給料、新人教育の内容を確認し就職試験を受ける病院を絞りました。
そのため就職試験は、1つの病院しか受けていません。
理由は大学の先生より、あまり多く試験を受けて辞退する病院を増やしては、相手に迷惑がかかると指導を受けたからです。

試験&面接内容

試験を受けた病院は、一般病院で循環器内科が有名な病院でした。
事前にインターンシップで面接担当の看護部長と話をしたこともあり、就職試験の面接では、志望動機と親は当院に就職することをどう思っているのか、入寮するのかという質問をされたのみで、5分程度で終了しました。
また「試験結果は心配しなくて大丈夫だからね」と言っていただけました。
試験結果は数日で発表されました。
入職後、希望の科に配属も決まり、転職するまでの2年間たくさんの学びがありました。

半田市での転職を諦め、名古屋で転職

その後、循環器内科の病院を退職し、転職をしました。
転職活動は、転職サイトを中心に行ないました。
半田市のハローワークにも行ったのですが、仕事をしながらの転職だったため、夕方からのハローワークは大渋滞です。
求人を検索するのに2時間は待たなければいけなく1回行ってそれっきりです。
その後の転職活動は、名古屋の看護師求人に詳しいと言う転職エージェントさんの記事を見て、求人サイトに登録して行いました。
今改めて思い返すと、最初の就職のように実際にいろんな病院の情報を自分の手で集めて、自分の希望がどのようなものであるかきちんと絞り込んでいったわけではないため、満足度は最初の就職のほうがあるように感じます。
名古屋は、病院は山ほどあるので悩むことも多いですが、やはりめんどくさがらず、自分がどのような病院が合っているのかを模索する必要があると思います。

COPYRIGHT© 看護師が半田で転職するなら知っておきたい求人事情 Information ALL RIGHTS RESERVED.