名古屋の看護専門学校から半田市の病院に新卒入職

看護師が半田で転職するなら知っておきたい求人事情

名古屋の看護専門学校から半田市の病院に新卒入職

半田市在住/25歳/女性/外来外科

就職活動

私の場合、就職活動は一切してません。
というのは、高校卒業後に某病院の附属の看護学校でした。
そのため専門学校卒業後は系列病院で働きたいかどうか、働きたいなら系列のどこかというのを第2希望まで書く程度のことはしましたが、面接というものは経験したことがありません。
希望の病院では何科で働きたいかというのを第3希望まで書いて配属って流れなので本当に看護師になって働きたいなら附属の学校にはいるのが一番楽かもしれません。
一般職を目指していた他大学の友達は、就職氷河期で大変な時期だったと思います。
でも看護師の場合は、就職難など全く感じされず、どこの病院もウェルカム状態でした。
とくに半田市は高齢化が進んでいる地区のため、病院の数に対して看護師が足りないのが原因のようです。
参考記事→半田市の求人事情

転職

たまに転職したくなることもありますが、恐らくしません。
それも母体がしっかりした病院だし、良い場所を求めて転職していった人たちの話を聞くと休日の希望がとりづらい、業務がしっかりしていないため無駄が多く効率が悪いという声も聞くので。
給与も職場のスタッフは少ないって嘆いてますが、会社員の40?50代の平均年収ぐらいは既にもらってますし、数万円よくしようとわざわざいまの環境を変える必要性を感じませんしね!時間外の負担もさほど多くは感じないです。
部署によってはなかなか帰れないところもあるみたいですが定時に帰ってますからね。
看護学校時代の友達は、半田市から名古屋の大学病院に通っていますが、残業ばかりで大変だとグチっていました。

まとめ

今、看護師はとても不足しているそうで、どこの病院も激務が待っていると思います。
そのため夜勤や残業もこなさなくてはいけないでしょう。
でも夜勤明けや休日に寝て過ごす人が多いですけど、休日と勤務日でメリハリないとただの社畜になっちゃいますからご注意ください。
余談ですが、看護師の仕事は平日休みも多くあるので趣味とか始めやすいです。

COPYRIGHT© 看護師が半田で転職するなら知っておきたい求人事情 Information ALL RIGHTS RESERVED.