派遣の仕事で一番多い、訪問入浴の仕事をしている看護師の話

看護師が半田で転職するなら知っておきたい求人事情

派遣の仕事で一番多い、訪問入浴の仕事をしている看護師の話

あなたは派遣会社からどんな仕事を受けていましたか?

訪問入浴、デイサービス、老人ホーム、クリニックなどいろいろ行きました。
その中でも一番辛いのは訪問入浴です。
訪問入浴ではドライバー(別名オペレーター)、ヘルパー、看護師で3人一組となり、入浴介助が必要な高齢者や障害者の自宅を回るお仕事です。
入浴会社によって件数は異なりますが、大体一日8件くらいの家を回ります。

あなたは何故訪問入浴が辛いと感じるのですか?

派遣会社に登録すると、最初に紹介されるのが、この訪問入浴のお仕事だと思います。
そして、このお仕事は給料が高いです。
何故かというと、それは体力を使う仕事なので、大半の人が嫌がるからです。
まず、各自宅をワゴン車に乗って移動するのですが、外にいる時間が結構多いのと、高齢者は冷暖房をつけない人が多く、部屋が、夏は暑く、冬は寒いです。
そして、自宅訪問時にはバスタブやポンプ、シート、ホース、タオルなど大量のグッズを部屋に運ぶのがとても大変です。
例えば、4階建てで、エレベーターがない場合は担いで階段を登らなくてはなりません。
本当に体力勝負です。
そのため休日は体を休めるだけで終わってしまうことが多々あります。
でもこの記事にかかれているように、それだけでは仕事だけの人生になってしまうため注意が必要だと思います。

体力以外に辛いと思う事は何ですか?

自宅にお邪魔させていただく、お金をいただいてサービスさせていただくというスタンスなので、横柄な態度を取る利用者さんも多いです。
また、医学的根拠のない我流を押し付けてくる家族も多いですし、一つ一つのサービスにケチをつけてくる家族もいます。
その為、精神面でも辛いことが多いです。

看護師としては訪問入浴の仕事はどうですか?

訪問入浴の看護師は、あくまでも入浴に関することしかできないので、どんなに利用者さんが痰を絡ませていようが、尿道カテーテルが外れようが医療行為をしてはいけないので、吸引さえもさせてもらえません。
看護師としてバイタルチェックや軟膏処置などはしますが、それ以上のアセスメントやケアはできません。
看護師としての知識をまったく生かせない仕事です。
ただ、単発でいつでもどこでも仕事があるのとお給料がいいので、いまでもちょこちょこお仕事させてもらっています。
この仕事は割り切りが大切だと思っています。

COPYRIGHT© 看護師が半田で転職するなら知っておきたい求人事情 Information ALL RIGHTS RESERVED.